おすすめ

          自然発見クラブ活動記録    NPO法人かながわフィ-ルドスタッフクラブ

 

                 「樹木観察と自然素材のクラフトとリ-ス作り」

 

     日時    平成29年6月11日()   10時~15時    天候 晴れ

      場所     神奈川県自然環境保全センタ- レクチャ-ル-ム

     参加者   16名    スタッフ  6名

梅雨の中、良い天気に恵まれました。樹木観察のあとアジサイ、アザミ、ホタルブクロ、コバンソウなどを集めて

リースに飾り付けました。夏らしく涼しげに、貝殻を付けたリースも出来上がりました。ふくろう笛は目の表情が

かわいいと参加者に人気があり、集合写真に参加できなかった8名の子供達は、笛を吹きながらうれしそうに 

帰っていきました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

詳細は活動報告をご覧ください。

 

第二回ミニ観察会(H29/05/28

 

日時 平成29年5月28日(日) 13時~15時 天候 晴後曇    気温 20℃

場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

人数 参加者 6名   スタッフ 4名

 

テーマ「新緑と生き物たち:新緑が支えるいのちのつながり」

5月も余すところわずかとなり、谷戸は初夏の趣でした。ホオノキ、センダン、ウツギ、トチノキ、ヤマボウシ、など

樹木の白い花が目立つ中、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハなどが活発に花の蜜を求めて飛び

交っていました。草本ではハルジョオンの花が終わりに近づき、ヒメジョオンが開花し始めていました。

またクサイチゴやヘビイチゴの赤い実やウグイスカグラのオレンジ色の実が昆虫たちをまねいているようでした。

林床ではツチアケビが今年も忘れず土からオレンジ色の芽を出し、蕾をつけていて懐かしい人に逢ったような気が致しました。季節が春から夏に移りかわりつつある観察会でした。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 

 詳細は観察会記録をご覧ください。

                        第一回ミニ観察会(H29/04/23

  

日時 平成29年4月23日(日) 13時~15時 天候 晴後曇    気温 17℃

場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

人数 参加者 4名   スタッフ 3名

 

テーマ「いのちが踊りだす春の谷戸」

前日の雨もあがり、観察日は春らしく暖かで穏やかな陽ざしの中での観察会になりました。谷戸の池の

水も温み、カエルたちの大合唱にウグイスやオオルリなど鳥たちの歌声が加わり、さらに舞台の周囲は

ヤマブキ、ヤマブキソウ、ニリンソウやクサイチゴなどが花を飾っていました。いのちが踊りだす谷戸を

祝福しているようでした。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 

 詳細は観察会記録をご覧ください。

                           29年度第1回遠足観察会「新治市民の森を歩こう」

 

                                 NPO法人 かながわフィ-ルドスタッフクラブ

 

 日時    平成29年4月23日(日) 9時30分~15時 天候 晴れ

 コ-ス   横浜線「十日市場駅」→興津邸→里山交流センタ-→池ぶち広場→里山交流センタ-→

                十日市場駅

 参加者   38名   スタッフ 13名

4月の爽やかな風の中、ここが横浜と思う位深い森と古き佳き農村風景を未だ残す「新治市民の森」を、春の野草を観察しながら歩きました。尾根道にはキンラン、フデリンドウが今を盛りと咲き誇り又、素晴らしいニリンソウの群落も。興津邸では鯉のぼりの下で、お話を聞きながら昔を偲びました。

画像をクリックすると拡大します。

詳細は観察会記録をご覧ください。