第十七回ミニ観察会(H29/03/26

 

日時 平成293月26日(日)13時~15時    天候 雨  気温 4℃ 

場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

人数 参加者 7名  スタッフ 5名

テーマ「生き物の春の目覚め:スプリングエフェメラル(春の妖精)を探そう」

春とは言え、気温4℃の氷雨の中、この季節特有の春の妖精に会えるのが楽しみな観察会でした。 雨の影響

もあり、妖精たちは皆うつむき加減であまりご機嫌は芳しくありませんでしたがキクザキイチゲ、ニリンソウ、

カタクリなどに会えました。これらは広葉樹林の明るい林床に群落を作っていました。早春でまだ昆虫などが

少ないためか集団で自分たちをよりアピールするための工夫でしょうか。 この他イワボタン、ヨゴレネコノメソウ、

アオイスミレの開花が目立ちました。樹木では、カツラ、ダンコウバイ、ウグイスカグラ、キブシ、マメザクラ、

トサミズキなどが開花していました。

 鳥類はカルガモ、キセキレイ、カワラヒワ、ウグイス、コゲラ、ヒヨドリ、コサギなどが観られました。

 自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館 

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。