第十五回ミニ観察会(H29/01/22

 

日時 平成291月22日(日)13時~15時    天候 晴れ  気温 6

場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

人数 参加者 5名  スタッフ 3

 

観察テーマ:「冬鳥をみつけよう」

1月も余すところわずかになり、「冬」まっただ中、風もなく穏やかな青空のもとでの観察会でした。いろいろな

生物が冬の陽の暖かさを感じながら冬眠していることでしょう。しかし谷戸は鳥たちで賑わっていました。

ルリビタキは数えきれないくらいの数でした、何故か杭や標識の上などにとまるのが好きなようです。林の落ち葉

が積もっているところではシロハラが盛んに足で枯葉をかき分け、餌を探していました。またアオジが谷戸の沢

近くに群れていました。そのほかジョウビタキ、ホオジロ、ヤマガラ、コゲラなど多くの鳥がいて目と耳と心で

感じる観察会でした。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 植物ではオニシバリ、ウグイスカグラがもうすぐ開花しそうな蕾をつけ、ソシンロウバイ、ヤブツバキや

 カンアオイが寒い中で開花していました。

 自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。