第十三回ミニ観察会(H28/1/27)

 

日時: 平成28年11月27日(日)13時~15時 天候:曇後雨 気温11.5C    

場所: 神奈川県自然環境保全センター 自然観察園

人数: 参加者 4名 登録スタッフ 5名 

 

観察テーマ「紅葉の季節を楽しむ」

気温も下がり観察園は色とりどりに紅葉した樹々が目を楽しませてくれました。

今年は神奈川県の平野部でも早々と雪が降り、植物も動物も慌てているようです。今回の観察会では雪虫に何度も会いました。きっと雪虫は雪に先を越され、残念に思っているのではないでしょうか。またヨコヅナサシガメが身を寄せ合い冬の準備をしているかのようでした。この時期にユリノキ、チドリノキ、トチュウの翼をつけた種が飛んでいました。観察フィールドでダーツ・ゲームを楽しみ、ひっつき虫の構造を学び自然とのつながりを深めました。

観察会の終了前に空は冷たい時雨になりました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 鳥類ではトビ、ウグイス、シジュウカラ、コゲラ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、メジロ、を観察しました。

 自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。 

NPO法人 かながわフィールドスタッフクラブ

http:://www.npokfsc.com/