第十一回ミニ観察会(H28/10/23

 

日時: 平成28年10月23日(日)13時~15時 天候:晴後曇 気温19℃    

場所: 神奈川県自然環境保全センター 自然観察園

人数: 参加者 3名 登録スタッフ 3名 

 

観察テーマ「秋の谷戸:豊かな実りでにぎわう」久しぶりに青空を仰ぎながらの観察会でした。自然環境保全

センターの玄関まえでは足元でセスジスズメの幼虫が出迎えてくれました。 ジョロウグモも大きくなり次の世代に

子孫を残す準備をしているようでした。

草木の果実ではクヌギ、コナラ、イイギリ、ホウノキ、マテバシイなどはすでに落ちていましたが、まだ枝につき

緑色しているモミジバフウ、センダン、トウネズミモチ、シナアブラギリ、ハンショウヅルなど多くの種類の果実を

観察出来ました。シマヘビやシカの足跡なども観ることが出来、谷戸の秋はにぎわっていました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 鳥類ではヤマガラ、カケス、カワセミ、キセキレイ、モズ、ウグイスを観察しました。

自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。