第十回ミニ観察会(H28/10/10

 

日時: 平成28年10月10日(月)13時~15時 天候:曇 気温18℃    

場所: 神奈川県自然環境保全センター 自然観察園

人数: 参加者 3名 登録スタッフ 3名 

画像をクリックすると拡大表示されます。

観察テーマ「谷戸の秋を探そう:果実・花を中心に観察する」

朝から肌寒く、気温は20を下回っていました。

豊かな実りの秋を迎え、谷戸の植物も多くの種類が実をつけ、クリ、クルミ、クヌギ、コナラなどはすでに地上に落ちていましたがヤツシロランの仲間、ミツバウツギ、カツラ、ムクロジ、ミツバアケビ、カラスウリなど多くの果実が観察出来ました。またこの時期咲く、シロヨメナ、タイアザミ、ゲンノショウコ、ツリフネソウ、ヒドリジョウゴなど草本の花が観られました。なかでもミゾソバの群落の花が谷戸を明るくしていました。

気温が急に下がった為か、昆虫はウラギンシジミや僅かにトンボを見たのみでした。

 鳥類ではモズ、メジロ、ウグイス、ハシブトガラス、ガビチョウを観察したのみでした。

 自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。