第三回ミニ観察会(H2/0/22

 

日時 平成28年5月22日(日)13時~15時    天候 晴れ  気温 26℃

場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

人数 参加者 8名  スタッフ 2名

 

観察テーマ:「初夏に咲く花をさがす」

 

むせかえるような新緑の中、早くも谷戸は初夏を感じさせる陽気でした。 センダン、ガマズミ、オオバアサガラなど樹木の花が咲き、林床ではフタリシズカ、イチヤクソウ、ヤブレガサが蕾をつけ、林縁ではウツギの花が咲き始めているのを観ました。 植物の開花に合わせたようにクロアゲハ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハなど多くの蝶が花の蜜を求め飛び交い、水辺ではギンヤンマ、ショウジョウトンボ、ホソミイトトンボが観察出来ました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 

鳥類の観察ではコゲラの巣穴を見ましたが、短い観察時間の中で親鳥やヒナを観ることは出来ませんでした。

このほかウグイス、ガビチョウ、ホトトギス、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリが観察されました

自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。