第二回ミニ観察会(H2/05/05

 

日時  平成28年5月5日()  13時~15時 天候 晴 気温26℃

 

場所  神奈川県自然環境保全センタ- 自然観察園

 

人数  参加者 4名  スタッフ 4名

 

観察テーマ:「新緑が支えるいのちのつながり」

 

緑がまぶしい新緑の中での観察会でした。 ミツバウツギ、コゴメウツギ、ツクバネウツギ、ガクウツギ、バイカウツギなどは早くも新緑の中で花をつけ昆虫たちを喜ばせているようでした。クロアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウが飛びかい、これらの卵と思われるものも見られました。花の形状もタンポポやオオバウマノスズクサ、ムサシアブミなどいろいろ比較、観察出来、参加者の方に花の形状と虫たちの活動について図と実物で説明できました。池の周辺ではクロスジギンヤンマやシオヤトンボなどが餌を求めて飛び、小鳥の鳴き声も弾んでいるかのようでした。食物連鎖の底辺で新緑が多くの生き物を支えていました。

 

画像をクリックすると拡大表示されます。

 

鳥類ではウグイス、ガビチョウ、ホトトギス、コジュケイ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリが観察されました。

 

 

自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

 

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。