第五回ミニ観察会(H29/08/27

 

 

  日時 平成29年8月27日(日) 13時~15時 天候 晴後曇    気温 29℃

  場所 神奈川県自然環境保全センタ-自然観察園

  人数 参加者 5名   スタッフ 5名

テーマ「谷戸における生き物の食物連鎖を観察」

谷戸はアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシやヒグラシの大合唱が夏の終わりを惜しむかのように響きわたって

いました。 食物連鎖の底辺を支える植物が実りの秋を迎え昆虫などの小動物も次世代に命をつなぐ為活発に

活動しているのが観察されました。セミなどの昆虫類が他の動物に食べられた痕も多く観察されました。

今年の夏は神奈川県など降水量が少ないと報道されていますがこの谷戸も例外ではなく池の一部に水が無く、

水生動植物に影響が出るのではないかと危惧する観察会でもありました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

 鳥類の観察は、セミの鳴き声に圧倒されヤマガラ、ホオジロ、ガビチョウが見聞きされるにとどまりました。

自然環境保全センター主催ミニ観察会の当クラブ担当は、毎月第4日曜日と指定された祝日です。午後1時本館

玄関前集合です。私達と午後のひとときを自然の中で過ごしませんか。